皮膚病の犬は動物病院でしっかり治療|原因を知って完治を目指す

犬の健康を守るために

子供と女性

フィラリア予防薬は犬がフィラリアに感染するのを防ぐための薬ですが、近年ではフィラリアを媒介する蚊の生息している時期が長期になっているため、長期間与え続けなければいけません。費用が高額になって困った場合には、個人輸入を行うという手もあります。

自宅でペットを火葬できる

遺影

ペットを飼う人口も増えてきたことから、ペット葬儀場で長年可愛がった動物のペット火葬をする人が多くなってきています。ペット葬儀社では、さまざま葬儀プランが用意されているので、思い出の写真やお花を棺にいれて送り出すこともできます。

ペットを火葬するサービス

骨壺

大阪には、ペットの葬儀から埋葬まで一手に引き受けてくれる業者がいます。家族同然で扱ってきたペットとのお別れも、このサービスを利用すれば心残りなく終えることが可能です。また一連の儀式には、飼い主が立ち合いができるほか業者に代行も頼めます。自分でできない飼い主の方は、こちらの方法でペット火葬しましょう。

ペットの病気

ドッグ

Breeder ONE

柴犬はブリーダーが丁寧に育ててくれているコチラで購入してみませんか。嬉しい成約特典がついてくるので人気がありますよ。

発疹が出る病気

ペットの病気の中でも、犬の皮膚病はかかる確率の高い病気としてあげられています。症状に発疹が出る皮膚病に、「細菌性皮膚炎」や「真菌性皮膚炎」があります。細菌性皮膚炎は細菌に感染し、炎症が起こることで発疹が現われます。犬の皮膚には、普段から常在菌がいますが、なんらかの原因で皮膚のバリア機能が衰えると、一気に数が増えてしまうということです。真菌性皮膚炎はカビによるもので、これも犬が健康な場合はカビをおさえる力がありますが、皮膚のバリア機能が衰えたときにカビが広がり、発疹が出ます。これらの皮膚病は、動物病院で抗生物質を投与することなどで治りますが、日頃から犬の衛生状態や健康面に気をつけることが大切です。

アレルギーによる病気

犬の「アレルギー皮膚炎」は、ハウスダストなどの環境因子や食べ物によってかゆみや発疹が起こります。かゆみや発疹が出る場所は、目のまわりや口の周囲、耳の中やワキの下、腹部といった皮膚の薄いところです。ハウスダストが原因でなっている場合は、家の中を掃除して塵やホコリを減らすことと、犬の体毛を短く刈って清潔な状態にしておくことが大切です。食べ物が原因でかかっている場合は、皮膚病の原因になりそうな食べ物を与えないことでしょう。食べ物を与えてからしばらく犬の様子を見て、かゆみや発疹が出てきた場合は、その食べ物が皮膚病の原因ということになります。アレルギー皮膚炎は、環境や食生活が原因となっているため、治るまでに時間がかかります。

イチオシサイト

  • ペットのための処方箋

    大切なペットを病気から守りたい!そんな飼い主さんに最適な情報サイトがありますよ。犬の皮膚病のケア方法をしっかりご確認ください。