自宅でペットを火葬できる|皮膚病の犬は動物病院でしっかり治療|原因を知って完治を目指す

皮膚病の犬は動物病院でしっかり治療|原因を知って完治を目指す

自宅でペットを火葬できる

遺影

ご近所に声がけの配慮を

近年はペットブームの影響から、犬や猫などの動物を飼っている世帯が非常に多くなっていますが、ペットの増加にともない様々なペットサービスも展開されています。ペットサービスの中でも特に需要拡大しているのが、ペット火葬です。ペットの寿命は、現代医療の発達で平均寿命が10年以上に延びていて、もはや家族の一員といえるほど飼い主と長い時間を共にします。でも、必ず最後のお別れを覚悟しなくてはいけないときがやってきます。そのような時に、昔のように土葬で葬るのではなく、人と同じように葬儀を行い火葬してお別れをしたいという飼い主の方が増加しています。最近のペット火葬サービスは火葬車が自宅までおもむき、火葬を行うペットセレモニーサービスが増えています。ペット火葬車は近所に迷惑をかけないように無煙、無臭で火葬できるように設計されていますが、自宅近くでペット火葬を行う場合は、トラブル防止のために近所に無煙、無臭である事を伝えてペット火葬を行いたいと一言、声がけをする気遣いが大切です。

周辺環境に配慮した火葬車

ペット火葬車にて自宅火葬を行う時は、自宅の中で最後のお別れをした後、火葬車にて火葬を行います。火葬車は、周辺環境に配慮する設計が施されていて、ダイオキシンの発生や煙、臭いなどが発生しない様に最新の火葬設備が搭載されています。しかし、人を火葬する設備にくらべ火力は低いので、金属製のアクセサリーなどは燃え残ってしまうため、あらかじめはずしておく必要があります。お花やおやつ類、手紙や写真などは問題なく棺に入れる事が出来ますので、お花でいっぱい飾りつけをして送ってあげてください。また、多くのペットセレモニー会社では、火葬車に会社名やロゴなどを入れていないので、近隣や飼い主に配慮したものとなっています。